(ゲームの世界の)F1マシンのセッティング part 2(トランスミッション編)その2

F1ゲーム

日々、最前線で働いてくださっている全ての医療従事者、その関連会社の皆様に、敬意と感謝を申し上げます。(2020.04.25追記)

ここは難しいセクションなので2回に分けて説明したい。
part 1ではデフについて学んだ。今回はゲーム内の設定についてまとめておこう。

スロットルオンとオフ

ゲーム内ではスロットルオン時とオフ時で異なる設定が可能だ。オン時はコーナー出口からトラクションをかけていく時のロックの度合いということになる。具体的にいうと、オン時にデフを固める(ロック)とトラクションがかかりやすく加速が増す。しかしながら一方でコーナ中は外側のタイヤが引きずられるため摩耗が激しくなる。またコーナー出口を曲線的に立ち上がる際に固めの設定すなわち数値を大きくしすぎるとアンダーステアが出やすくなるので注意が必要だ。デフを柔らかくすると(数値を小さく)その逆の状態となる。
オフ時はコーナー侵入時の挙動に関係する。数値が小さいとブレーキングとともにステアリングを切りやすくなりクリッピングポイントへマシンを寄せやすくなる。ステアリングを切りやすいと書いたが良いことばかりではない。言い換えれば反応が機敏で不安定ともいえる。デフを固めると機敏さはなくなるが安定しステアリングを思い切って操作することも可能だ。レース中にオンスロットル時のデフの調整を行うことができる。コーナーに合わせて立ち上がりのマシンの挙動を変更することができるというわけだ。しかしながらアシストでトラクションコントロールを効かせているとデフの効果を感じることが少ないだろう。

設定例1(モナコ)

デフの設定例を紹介しておこう。読者の皆さんはF1好きと勝手に想定して話を進めさせていただく。サーキットの特徴など詳細はwikiや他のサイトを参考にしていただきたい。それでは最初にカレンダー屈指の低速、コーナー重視サーキットであるモナコを取り上げよう。ここはとにかく曲がるマシンを作らないと走れない。また公道を利用したサーキットなので路面のミューが低くトラクションを得にくい。さらにアンダーが出ても、オーバーが出てもミスをすれば即ガードレールの餌食となる。したがってステアリングは機敏に反応するほうがよい。スロットルオフ時は55にしよう。もっともやわらかい設定だ。そしてコーナーの立ち上がりもアンダーが出ない様にオフ時よりは少し高めの60や65あたりを推奨する。とにかくコントロールを失わない設定にしよう。

設定例2(カナダ)

次にカナダを考えてみよう。ここは全開率も高く最高速も高いサーキットだ。したがってコーナーをスムーズに抜けることよりもいかに直線的に立ち上がりストレートスピードを伸ばすかが重要と考える。したがって脱出時のデフは85と固めに設定した。トラクションを得やすく加速重視。ただしデフの設定を調整するだけでは意味がない。コーナーを直線的に走ることを心がけデフに合うドライビングをしよう。オフ時の設定も75か80で良いだろう。とにかくスピードに乗って走ることが優先されるのでピーキーなハンドリングでは挙動の制御が難しい。

まとめ

2つのサーキットを紹介したが単に低速コーナーサーキット、直線最高速サーキットという単純な考え方だけでは行き詰まってしまう。コーナーの特徴を捉えることが大切である。たとえば複合コーナーがあるのかないのか。また複合コーナーの場合、最初のコーナは深く、2つめが緩やかだとすればオフ時は柔らかめが良いがオン時は硬めでもいいだろう。一つめのコーナーをスムーズに走り抜け、2つ目は脱出重視で行くというわけだ。サーキットには15から20のコーナーがあり一つ一つが個性的で同じものはない。だからデフの設定は(デフに限らず)どこを重視するのかがつきまとう。全てのコーナーにぴったり合う設定はない。自分のドライビングスタイルとマシンの特性を理解して、どのコーナーを攻めて走るのか、またどのセクターでタイムを稼ぐのかを見据えて調整する必要がある。ドライブ中にもオン時の設定は変更可能である。このことも考慮してサーキットを走る様子をシミュレートして設定していくのだ。デフの調整は実際には効果を感じるのが難しいが、サーキット特性をみながらセッティングする醍醐味を味わえる。

次回:(ゲームの世界の)F1マシンのセッティング part 3(サスペンション編) その1

コメント

タイトルとURLをコピーしました