自作PCからの配信環境構築(F1 2019)

日々、最前線で働いてくださっている全ての医療従事者、その関連会社の皆様に、敬意と感謝を申し上げます。(2020.04.25追記)

先週三連休を利用して、ほぼ徹夜で完成させた自作PC。F1 2019 PC版で無事デビューできたことをまずは報告させていただきたい。解像度を4K、ゲーム画質は全ての項目を「最高」設定にして遊んでいるが全くストレスを感じない。大満足である。CPUとグラボを店員の勧めでワンランク上のものにしていて良かった。スペックに余裕を感じる。そして筆者はさっそくYouTubeライブに挑戦してみた。

PS4は優秀、PCはユーザーのスキルが問われます…

さてライブ配信となるとshareボタンから簡単に開始できたPS4とは違い、PCでは配信環境の構築が必要だ。配信ソフトを用意する。そして各種設定を済ませて、配信する画面のレイアウトを決めていく。ゲーム画面の他にチャットウィンドウなど色々なものをキャプチャして画面に配置できるのだ。これがなかなか手強くて楽しすぎるのだ。何を隠そうこうしてブログを執筆し始めたつい数分前にやっとのことでチャットウィンドウを設置し終えたばかりなのだ。3日間くらい試行錯誤を繰り返していた。PS4ではチャットを表示するという項目にチェックするだけでよかったのにえらい違いである。あらためてPS4の完成度の高さを思い知る。しかしながら苦労する分だけ自分の思いどおりにできるPC版は魅力的だ。チャットウィンドウを設置すると一挙にこの配信ソフトのクセが掴めた気がした。視聴者数のカウントやテレメトリといわれるアドオンを立ち上げこちらも画面に配置した。実際には本当に使いたいテレメトリは別のソフトで、そちらはまだ配置できていない。悪戦苦闘中である。ユーザーのスキルが問われる。筆者にはスキルはないがネットや書籍で調べることを厭わないし、良きアドバイスをしてくれるフレンドも存在している。ありがとうございます。

解像度はやっかいだ。

はじめて使うソフトに戸惑いながらもテスト配信をするところまでこぎつけた。あと少しだ。しかしながら根本的な問題を先送りにしている。それは解像度の問題。解像度とは画面のきめ細かさの数値と考えれば良い。フルHDや4Kという言葉で知られているが、パソコンの世界では数値で表されることのほうが多い。フルHDは1920*1080、4Kは3840*2160である。あまり一般的ではないがこのあいだに2Kとよばれる2560*1440などもある。この他にも特に呼び名はないが2048*1536(QXGA)も存在する。これがどう厄介なのかというと、筆者のWindowsの画面解像度は4Kである。モニタが4Kなので4Kでの表示が一番きれいだ。ただし文字が小さすぎるので拡大表示をしている。このモニタにゲームをフルスクリーン(画面いっぱい)で表示させるとゲームの解像度が4Kとなる。美しくてPCを自作してよかったと感じるわけだが、ライブ配信となると事情が異なる。4Kで配信するにはパソコンのスペックとネット速度がシビアに要求される。快適に配信できる人はまだまだ少ないのではないだろうか。筆者ももちろんそのうちの一人だ。だから配信するときはゲームは2K画質にしている。ただしここがよくわかっていないのだが、Windowsの解像度が4Kだとゲーム内で2Kにしてもフルスクリーンにするたびに自動的に4Kに戻ってしまう。Windowsの解像度を4Kにするならゲームはフルスクリーンではなくてウィンドモードで起動させる必要がある。28インチの4Kモニタに2K領域のウィンドウでは正直十分な広さで表示されない。だからWindowsの解像度を2Kにしてフルスクリーンでゲームを起動するのが正解と考えている。ただしWindowsとして使うときにはすこしボケた感じで描写されるので我慢できないのならいちいち切り替えるしかない。筆者のPCは今のところF1専用マシンなので問題ではないが、このあたりはゲーム実況者たちがどう解決しているのか気になるところである。

OBSでの環境構築

OBSとはライブ配信ソフトである。このソフトでゲーム画面と実況者のマイク音声とその他表示させたいキャプチャ画面とをミックスして配信サイトへ適切な品質でアップロードすることになる。したがってOBSは設定項目の塊のようなソフトである。調べ尽くさないと初心者にはすこし敷居が高いと感じるだろう。

まずは配信画面のデザインだ。ゲーム画面の大きさと位置を決める。コメント欄が必要ならURLからデータを引っ張ったウィンドウにして配置する。そのほか諸々のものを大きさと位置を決めて配置していく。このときにも解像度が多少問題になるわけだがそれはよしとしておこう。ゲーム実況らしいデザインのテンプレートもある。西洋テイストが強すぎて利用するには抵抗があるのだが。そして画面デザインが決まるとマイクの設定だ。こちらはソフト側の設定よりもマイクを置く位置やポップガードの有無など物理的なことのほうが大切だ。口元にマイクを持ってくるためにはアームが必要である。マイクアームの存在感はなかなかで、一挙にYouTuberっぽい気分にさせてくれる。もちろんパソコンの設定でできることはたくさんあるが、音の粒を揃えるコンプレッサーと入力を補うゲイン、気になるのならノイズリダクションをかけてやるくらいで十分だ。ただし調整は一筋縄ではいかない。実際の配信を聞いては調整を繰り返す必要がある。この時マイクの位置が変わってしまうとまた再調整が必要だ。マイクアームは位置をある程度固定するためにも繰り返しになるが必須アイテムだ。

これで画と音がそろった。いよいよライブ配信の開始だ。開始ボタンを押すと20秒程度で配信が始まる。マイクはミュートにしておくほうがいい。自分のタイミングでミュートを外して話だそう。意図しない音声がネットで世界中にばら撒かれるような失敗はしたくない。家族がいる人は生放送中と周知する手段も用意すること。筆者は孤独なおっさんなのでその点は心配ないが、一人実況している声が近所に漏れ聞こえるようなことのならないように注意したい。変なおじさんならマシだけど、不審者扱いはゴメンだ。あとは‥視聴者を待つばかりである。これが何よりも難しいのは言うまでもない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました