キャリアモードが進まない人へ(おっさんの告白)

F1ゲーム

日々、最前線で働いてくださっている全ての医療従事者、その関連会社の皆様に、敬意と感謝を申し上げます。(2020.04.25追記)

 おっさんはまだキャリアモードを終えたことがない。今回のやり直しで4回目だ。キャリアモードが進まない理由はいくつかある。

おっさんの今

 一つ目は昨年の夏にそれまでのPS4ノーマルからゲーム環境をPS4Proへ変更したことによる。この時環境の移行に失敗し、F1のみならずいくつかのゲームデータが消失してしまい再出発を余儀なくされた。2回目のシーズンは第13戦ベルギーの予選まで進めた。ここまで全て100%レース距離で遊んできた。フリー走行もほぼスキップしていない。かなりの時間を費やしてきた。しかし、このブログでも何度かボヤいたが、PS4では録画する画質が良くない。Proは1080pの60fpsで録画できるが、普段仕事でMac5K27インチを使っており筆者の画質の感覚は多少麻痺している。高精細が当たり前になりすぎているのも困ったもので、PS4の画質に不満が出てきてしまった。PCへの移行が急がれた。2020年の幕開けにドーンと思い切ってPCを自作した。そして新たにPC版でシーズンをスタートさせた。
 3回目のシーズンが3戦目を迎えたあたりで全アシストオフへと誘われた。今までちょいアシストで楽しんでいたが、全オフのおもしろいこと、すっかり虜になった。しかしながらシーズンが進まない。何せ初めての全オフなのでレースなどもってのほか、練習に時間が削られていく。マシンを操れる楽しさにハマりながらも、キャリアを進められないストレスも抱えてしまった。それでも何とかバクーまでシーズンを進める。ポイントはもちろん取れず、ウイリアムズと熾烈な最後尾争いをしながら完走するのが精一杯。アルファロメオを選択しているので、リアルな争いをしているという意味では不満はない。でもやっぱり進まない…。

おっさんの本気を引っ込める

 100%レース距離に拘ってきた。1時間半以上ゲーミングチェアに座り走り続ける。 クタクタになりながらも様々なことが起きるレースは刺激的だ。タイヤ交換、戦略、SC(セーフティーカー)、天候の変化などなど。100%ならではの楽しみがある。いや、100%でしか味わえない楽しみがある、と思っていた。勘違いしていた。間違っていた??
 先日、とあるF1愛好家のレース実況を観戦させていただいた。ドイツを舞台に行われたレースは距離50%。私は今まで100%ではないと楽しみきれない要素があると思っていた。たとえばタイヤ選択の駆け引きや、SCの出動、天候の変化などなどである。またレース距離が短いと一回のスピン、失敗でレースを失う。しかし100%なら違う。最後まで諦めなければ挽回のチャンスもあれば、ライバルがスピンしたりトラブルに遭うことも考えられる。だからこそ100%は正義なのだ、と思っていた。50%ではトラブルも奇跡の逆転も起こりえないと思っていた。でもF1愛好家のレースは違っていた。トラブルあり、挽回あり、SC出動、タイヤチョイスの妙。私が求めているレース要素のほぼ全てがそこにはあった。そして何よりも笑顔で楽しむ実況者の姿があった。
 間違っていた!100%へのこだわりは一旦お預け、50%でレースを進めようではないか。おっさんの本気はひっこんだ。

おっさんは必ず100%に回帰する。

 50%は確かに素晴らしかった。だとすれば100%はやはりその倍素晴らしいことになるではないか。100%の素晴らしさに変わりはない。ただ進まないのよ、キャリアモードが。進めたいのよ、キャリアモードを。これが本音である。だから50%でどんどん進める。100%へは必ず回帰する。でも一周してからでいいじゃない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました