MENU

FANATEC CSW2.5は間違いなし!(2ヶ月半、詳細レビュー)

 以前、FANATECの購入ガイドを投稿した。カタログのスペックを中心にClubSport Wheel Base V2.5(CSW2.5)とCSL Elite Wheel Base V1.1を比較検討を進めたが、あらゆる面で上位機種のCSWが優勢なのは言うまでもない。記事の中では触れなかったが、筆者が最初に購入したのはCSL Eliteだった。一週間使用させていただいた後に、メーカーの方に直接連絡してCSWへ交換していただいた経緯があった。細かな事情は割愛させていただくが、両機種を使用させていただいた率直な感想は、両製品には、グレードと値段相応の違いがあったということだ。そのあたりは「FANATEC購入ガイド2 ホイールベースの選考」https://03driver.com/2020/06/13/fanatec-csw/の記事より確認いただきたい。

 さて、今回はFANATEC CSW2.5の詳細な紹介、そして2ヶ月半使用した現在の製品の状態と、使用レビューを筆者独自の視点で語っていきたい。

詳細レビュー① 「Wheel Baseの設定項目」

 8Nmを誇るフォースフィードは半端ではない。FANATECはゲームごとに推奨設定値を公開しているが、「100%」を推奨するものはない。筆者がYouTubeに細々と動画を公開して楽しんでいるACC「アセットコルサコンペティツォーネ」の推奨設定値は、「デバイス側設定=100%、ゲーム内設定=70%」だ。デバイス側設定とは、ステアリングホイール(筆者所有はClubSport Steering Wheel Formula V2)のLEDディスプレイと通じて行う設定で、フォースの強度に加えてハンドルの切れ角などを様々な項目を設定可能だ。

SEN (Sensitivity):ハンドルの切れ角
 CSW2.5では90°から900°の範囲で設定可能である。左右に45°〜450°の切れ角となる。通常ハンドルの切れ角の設定にはOS側のプロパティを開く必要があり、『F1 2020』と『ACC』のように切れ角の異なるゲームでの使い分けには一手間強いられていた。しかし、FANATECにしてからは手元の操作で変更できるため快適そのものだ。プリセットにしておけば、ダイヤルを回すだけで瞬時に切り替えることができる。

FF (Force Feedback):フォースフィードの強度
 0から100%の間で設定する。数値はフォースを発生させるモーターの強度を割合で示す。「0」ならフォースは発生しない。「50」ならモーターが発生させるパワーは8Nmの半分の4Nmが最大値となる。ゲーム内で設定するフォース強度(の割合)は、この最大値をもとにした設定となることに注意したい。つまり、ゲーム側とデバイス側の設定値をそれぞれ100%に設定すると最大パワーとなり、ゲーム側を50%、デバイスを同じく50%にすれば、理論上は8Nm✖️50%✖️50%=8Nm✖️25%となり2Nmの出力が得られるというわけだ。ちなみに2NmはLogicoolのG29の最大出力2.1Nm(非公式)と同じである。余談ではあるが改めてCSWのポテンシャルの高さがおわかりいただけるだろう。

SHO (Shock):ステアリング内バイブレータの強度
 筆者は購入して実際に走行するまで、ステアリングにバイブレータが内蔵されていることを知らなかった。フルブレーキングしてABSが作動するとブルブルっときた。モーターからはガタガタと強大なフォースが発生し、同時に手元のステアリングからブルブルと小さな振動がやってくる。これにはまいった。ここではバイブレータの強度を0から100で調整する。

ABS:ペダルユニットとの連動設定
 SHOの項で既に紹介したが、ブレーキペダルを思いっきり踏み込んでABSを作動させた際には、ステアリングのバイブが振動する。PS4のコントローラーなどで同じみのブルブルだ。ここで設定する数値はABSを作動させるブレーキの踏み込み強度を指す。つまり50%に設定すると、ブレーキを50%踏みこむとABSが作動したことになり、SHOで設定された強度にしたがって手元がブルブル震える。

DRI (Drift mode):ハンドルの回転抵抗
 他の項目とは異なり、設定値はすこし複雑だ。-05 … -01 → OFF → 001 … 005とOFFを挟んで5段階に調節可能である。この項目はハンドルを切る際の回しやすさ(抵抗)の設定だ。パワステの設定と言えばわかりやすいだろうか。マイナス側に設定するほどハンドルを回しにくくなり、振動を発するようになる。プラス側に設定すればよりハンドルを回しやすくなる。

FOR (force), SPR (spring), DPR (damper)
 これらはフォースフィードに含まれる成分である。FORはハンドルを特定の方向へ動く際の力、つまり走行中、ハンドルが右や左へと持っていかれる時にかかる力であり、もっとも体感できるフォースである。SPRはハンドルがセンターへと戻るときにかかるフォース。DPRはDRIなどで生じるハンドルの回転など様々な摩擦の際のフォースである。XboxOneでは、これらの詳細なフォースの設定は存在しないため、CSWをXboxモードで使用する際には表示されない。また100%を超えて設定すると、フォースの最大出力100%を超えて力を発生させようとするため、過度の負担や発熱の原因となるので十分なフォースが得られない時以外は使用しないように警告されている。

FEI (Force Effect Intensity):フォースの表現強度
 この数値は発生するフォースの繊細さを表す。0に近づくほどフォースはスムーズに発生し、数値が増えるほど鋭くダイレクトな出力となる。わかりやすく言えば、0に近づくほどマイルドになるので、騒音や机やクランプなどに伝わる二次的な振動をできるだけ低減することができる。戸建に住む独り身の筆者は、思いっきり100%、ガタガタ、ゴトゴト、思う存分フォースを発生させているが、マンションやご家族と生活されている際には周囲への迷惑を真剣に考えなくてはいけないレベルの騒音と振動を、FANATECは発生させる。

BRF (brake force);ブレーキフィールの設定
 この設定値を100にすると、ブレーキを最小限の力で踏み込んでも100%の効き目を得ることができる。0にするとその逆となる。この設定はPC側のプロパティーでも確認と設定を行うことができる。またブレーキペダルによってはこのオプションの設定ができない製品もあるので確認が必要だ。ちなみにCSLペダル(ロードセルを含む)では設定可能である。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる