MENU

テレメトリー環境を一緒に構築しよう(3) 新DLCイモラ(アセットコルサコンペティツィオーネ)

 11月18日に発売になったアセットコルサコンペティツィオーネの新DLC「2020GT World Challenge Pack」には新しいトラックに加えて、マシンが2台追加されている。そのうちの一台は筆者が普段から練習走行に使用しているMercedes AMG。この新しいマシンには新しいタイヤが装着されており、特性が異なっていると巷では噂になっている。さっそく新マシンに乗り込みイモラへやってきた。このサーキットも新DLCで追加されたトラックだ。走行データを解析しながら、テレメトリーの筆者なりの使い方を紹介しよう。と、その前に、過去の記事を是非ご一読いただきたい。

  1. テレメトリー環境を一緒に構築しよう(1)(アセットコルサ・コンペティツィオーネ)
  2. テレメトリー環境を一緒に構築しよう(2) ニュルGPコースを走ってみた(アセットコルサコンペティツィオーネ)

基本的な走行状態を分析する

 ドライビング・スキルが向上するほどに、自分の走りを客観的に理解できるようになるだろう。わかりやすいところでは、各コーナーで使用するギアは、安定したラップを刻んでいるときには、同じはずである。ブレーキングポイントも看板やコースわきのオブジェクトなどを目印に、自分なりのポイントがあるはずである。そのどれもが明確に言語化できるとは限らないが、周回を重ねれば、自分なりのフィーリングやリズムができてくるものだ。そして一定のペースで周回できるようになり、自分の狙ったタイムで走行できるようになってくる時、スキルアップを感じて悦に入るのではないだろうか。しかしながら、これが仇となることもある。「クセ」のように走り方が身についてしまうと、なかなか大胆に変えることはできない。一度、身についた走行ラインを外すことは、失敗を意味し、ブレーキングポイント遅らせることは、大きなミスへとつながる恐怖から躊躇われる。だからある程度タイムが縮まったところで頭打ちとなる。ネットのランキングボードには信じられないようなタイムが並ぶ中、自分のベストラップは一向に縮まらないのだ。理由は明白。同じ走り方をしていれば同じタイムが出るのである。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる