おっさん流、マシン・ペイティング

iRaingの楽しみはレーシングスキルの向上やシリーズ制覇だけではない。
マシンのリペイントもその一つで、カラーリングの変更やスポンサー・ロゴの配置に数時間を費やすこともある。今日は「おっさん流、マシン・ペインティング」と題してその楽しみ方について紹介しよう。

マシンのペイントに必要なソフト

基本的にはペイント系のアプリなら何でもマシン・ペインティングを楽しむことはできるが、おっさん流では「GIMP」という無料のアプリがお勧めだ。

お勧めの理由は、iRacingのPaintデータである「TarGA」画像(拡張子は.tga)で書き出しができるからである。詳細は後述するが、自身が作成したオリジナルカラーのマシンをシミュレーター内で表示させるには「TradingPaints」というサイト(https://www.tradingpaints.com/dashboard)にPaintデータをアップロードするだけでよい。このサイトを通じてiRacingのユーザーIDとマシンデータがマッチングされ、一緒にレースを走る他のドライバーにも共有される。このサイトはPNGとTAGの両方の形式に対応しているため、汎用性の高いPNGならお手持ちのどのアプリでも作成、または形式を変換して書き出すことができるはずだ。

それではなぜ筆者がtgaで書き出しができるGIMPをお勧めするかというと、まず次の画像を見ていただきたい。

これは実際にマシン・ペインティングをする際のデータである。画像の中央やや右あたりにはマシンのノーズらしき部分が見える。またその上下はマシンの側面を展開したようになっていることにも気が付くだろう。ウイングやその他のパーツらしき部分も確認できるが、いったい何がどう配置されているのか見当がつかない。

この展開図のようなデータも慣れてくればあまり気にせずに作業ができるようになるが、カラーリングはよいとしても、スポンサーロゴの配置など、細かな位置を決めるには不向きなことこの上ない。自分が思った位置に綺麗にロゴを配置するのはまず不可能だ。

そこでおっさん流では、実際にiRacingの「My Content」の「My Cars」から実際にペイントしたいマシンをプレビューしながら作業する。そのためには「tga」形式で書き出せるアプリが必須なのである。そして「GIMP」はその操作性に若干の使いにくさは残すものの、無料で使用できる解決策なのである。

実際の作業方法

まずは元になるマシンデータをダウンロードする。

iRacingを起動して、メニューから「My Content」→「My Cars」へと進み、作成したいマシン名の右側の「・・・」をクリックする。「Car Info」と「Paint」の二つのメニューが表示される。「Paint」を選ぼう。このウインドウでは簡単なマシンのカラーリングの変更が行える。いくつか用意されているパターンの中から気に入ったものを選び、3色の配色を自由に組み合わせることが可能だ。

さて、本題はこれからだ。右中央、水色の「Download Template」をクリックしよう。車のペイントデータ一式がzip形式でダウンロードできる。解凍してできたファイル「車名+番号+拡張子psd」を前述のGIMPで開こう。

GIMPで開いたの図(右側のレイヤー部分は複雑だ😢

ここからが肝心!

このデータに iRacingのCustomer IDをもとにした名前「car_******.tga」(******は数字)に付け替えて、「C:\Users\03dri\Documents\iRacing\paint\dallaraf3」内に書き出してみよう。これで準備は整った。GIMPで編集した車体のデザインやスポンサーロゴが、上書き保存を押してデータを更新するたびに即座に反映され、iRacing内の「My Content」の「My Cars」で確認することができるようになる。ロゴの配置や配色の微調整が格段にやりやすくなったと思う。

ノーズの先端にアマゾンのロゴと筆者がツイッターアカウントで使用しているプロフィール画像を配置してみた。車体はぐるぐるとあらゆる角度から拡大や縮小をしながら見ることができるのでロゴが思い通りの位置に配置できているか一目瞭然である。

最後にスポンサーロゴを見つけるのに利用しているサイトを紹介しておこう。

次回は実際の作業を一緒にやってみたい。

Vector Logos, Logo Templates Free Download | seeklogo
seeklogo.com is the world's best brand logo and vector logo template source. Logos can download in vector format. There are more than 400000 vector logos.



コメント

タイトルとURLをコピーしました