iRacing

FANATEC

速く走るための練習方法①:ブレーキングを学ぶ【iRacing、アセットコルサコンペティツィオーネほか】

2020年の暮れに初めてオンライン・レッスン(2021.1.5の記事を参照)を受講した。いままで独学でうまくドライブできるように研究してきたが、今回プロのアドバイスを受けて今後の練習方針に新たな方向性を見た。プラクティス走行は、周回を重ねることに重点を置いた「走り込み練習」として位置付けていたが、今後は「走り込み」に加えて「スピード練習」を意識して取り組んでいきたい。
iRacing

【iRacing2021 Season1の旅 #3】 KMR(オンラインレッスン)とVRS(バーチャル・レーシング・スクール)の紹介 in Spain

WEEK2のルノー2.0の舞台はバルセロナ。F3の開催も予定されていることから、ここではじめてのオンラインレッスンを受講することにした。筆者が選んだのはKMRさん。2020のiRacingの活動を、充実したレッスンで締めくくることができた。
FANATEC

【iRacing2021 Season1の旅 #2】 Sebring in Florida(フロリダ州、セブリング国際スピードウェイ)

iRacingに本格参戦する2021年。すでにシーズンは開幕し、今週は、ここフロリダ州オーランド郊外にあるセブリング・インターナショナル・スピードウェイで2戦目が行われる。今回からサーキットを転戦するチームという想定のもとダラダラ書いていこう。
FANATEC

iRacing Season 2021への参戦表明

iRacingは完成したレーシング・シムであり、だれもが簡単にオンラインレースを楽しめる。 ただし、月額料金制、トラックやマシンは課金して購入しなくてはならない。 3か月からなるシーズンを楽しむには懐具合とうまく折り合いをつけるのも大切だ。 一緒に考えてみよう。
iRacing

ドライビング再考(最高)

 筆者のハンコンに初めて円型のステアリングが装着された。これまでT300RSと同時に購入したF1型のステアリング「Ferrari Wheel」を使用し、F1の世界にどっぷりハマっていたが、「iRacing」と「アセットコルサ コンペティツ...
iRacing

iRacerへの道「ルーキーの卒業」

iRacingが面白い。SRシステムには緊張感があり、練習走行でさえも「本気」にさせてくれる。レースは言わずもがな。すこしコースアウトしても査定に響く。他者との接触は論外である。前を走る車がハンドル操作を誤りスピン。後続車は成す術もなく巻...
iRacing

iRacingへの道 環境構築準備

 「F1 2020」の発売がアナウンスされた。分かっていたこととはいえ素直に嬉しい。今作ではいよいよオリジナルチームで参加可能になるようだ。本家F1サーカスは依然としてサスペンドしたままだ。メルセデスが最有力といわたプレシーズンだったが、...
タイトルとURLをコピーしました